あさみどりの会のホームページ
平成13年5月9日開設:平成28年9月21日更新

第72回ボランティアスクールを開講します(10月12日〜11月26日)
平成29年度職員募集をしています(採用試験:9月25日法人本部)詳細はこちら
なないろコンサート in 同朋大学(10月8日:同朋大成徳館12階ホール)

平成27年度事業報告・決算(総括・事業別)等を掲載しました

平成28年度事業計画・予算(総括・事業別)を掲載しました

法人の理念と
歩み
イベント・講座
案内
 
事業計画・予算
事業報告・決算
グループホーム あさみどりの
アルバム
 
 機関誌「療育援助」目次
(平成22年〜PDFで掲載)


さわらび園新園舎 

わらび福祉園 

べにしだの家
べにしだの家
「あらくさ作業室

れいんぼうワークス
 
児童発達支援センター
放課後デイサービス等


名古屋市千種区新池町 
障害福祉サービス事業所
共同生活事業所
居宅介護事業所

相談支援事業所
みよし市三好町西荒田 
障害者支援施設
共同生活事業所

名古屋市中村区鴨付町
生活介護事業所

名古屋市千種区神田町 
 生活介護事業所
共同生活事業所


愛西市西條町相之江

しんいけ盆踊りを開催しました 28年7月23日(土)

 
 模擬店は大忙し こども天国も大賑わい 日が陰って盆踊りの始まり 

「第54回心身障害問題を考える集い」を開催しました(28年7月9日:愛知淑徳大記念会堂)

今回の考える集いは、会場を千種区星ヶ丘の愛知淑徳大学の記念会堂に移して開催しました。
メインテーマは「誰もが生きやすい社会の実現に向けて」で、毎日新聞論説委員の野澤和弘氏の講演
「地域社会から共生社会への転換〜障害医者差別解消法がもてらすパラダイムシフト」と
愛知淑徳大学学長島田修三氏、椙山女学園大学准教授手嶋雅史氏を交えた鼎談で構成されました。

 
手話通訳と要約筆記が用意されました 野澤和弘氏の講演 左から手嶋氏、野澤氏、島田氏

第10回フォーラムあさみどりを開催しました(28年5月22日(日)中日パレス

最初に永年勤続職員の表彰が行われ、20年勤続3名、10年勤続4名に後藤理事長から感謝状が贈呈されました。
後援会総会では事業報告・会計報告が承認されました。講演会は島崎春樹顧問の「福祉の未来を拓くみなさんへ 
〜昭和の福祉、平成の福祉に学び これからの福祉を考える〜」のテーマで、昭和・平成の福祉の時流とあさみどりの歩みを
2時間半の長時間にわたり話されました。第二部では、日ごろ顔を合わせることがない利用者・家族・職員同士が交歓しました。
 

 
 後藤理事長開会あいさつ 永年勤続職員表彰 渡辺後援会長あいさつ 
     
島崎顧問の講演  第2部の交流会  各施設職員の顔見せ 

平成28年度第1回の職員全体研修を実施しました。
(28年4日:土曜日)

本年度1回目の全体研修は、午前中は後藤秀爾理事長の講演「『精霊のの守り火と』は何を戦いとったか」か」と
島崎顧問のあさみどりの会の理念と昭和の福祉の歩み、職員へのメッセージが語られました。
午後はグループに分かれて話合い、そのの様子を発表。これに4人の施設長が講評しました。

昼のプログラムの終了後、新しく6人の職員を迎えての歓迎会を兼ねた交流会で盛り上がり、長い有意義な一日を終えました。

 
 新職員に辞令交付 後藤理事長の講演 熱心に聴く全職員 
     
各グループで話し合い  グループ発表に4施設長がコメント  交流会(新職員歓迎会) 

さわらび祭を開催しました 28年2月11日(祭)

 
 よく晴れた穏やかな一日でした バザー会場(寝具) バザー会場(日用品雑貨) 
     
子どもたちのお楽しみ  満席の喫茶コーナー  抽選会場です 

第20回べにしだ祭を開催しました 27年11月3日(祭)

     
 たくさんの人で賑わいました   手作り品コーナーです  模擬店もよく売れていました
     
 景品を選ぶ子どもたち  べにしだの家職員バンド  「我樂童」の太鼓演奏 

第33回わらび秋祭りを開催しました(27年10月11日(日)

今年から秋祭りにしました  夏まつりより人出が多くなりました   大波のあとのバザー会場
     
子どもたちには射的が人気   家族で昼食 ボッシーズ+1のショー

第42回さわらび運動会を開催しました(27年10月4日:新池どんぐり広場)

昨年まで、成人施設と一緒に「あさみどり運動会」を中村区の豊正中学で開催していましたが、
久しぶりに、さわらび園だけの運動会を、隣の新池どんぐり広場で開催しました。
秋らしい穏やかな日差しの下、子どもたちを中心に、家族・ボランティアの皆さんが楽しい一日を過ごしました。

子どもたちの運動会の歌で幕開け   まず準備体操を  お母さんの胸にゴール
     
園児・きょうだいの運搬レース  夫婦が一体となって  親子で大玉ころがし 
     
きょうだいの障害物競争  ボランティアの綱引き  フィナーレは園児の汽車ゴッコ 
べにしだの家20周年記念会を開催しました(9月19日(土)ルプラ王山

平成7年9月に開設した障害者支援施設「べにしだの家」が20周年を迎えましたので、その記念会を開催しました。
木村名古屋市障害者支援課長、松山県会議員、柳瀬市会議員、川崎県福祉協会会長他多数のお客さんと
利用者・家族、ボランティア、関係者など300名を超える皆さんで、会場が大いに盛り上がりました。

 
 追分所長のあいさつ おうまさん倶楽部に感謝状贈呈 宴会が始まりました 
     
なないろミニコンサート  YOSAKOIソーラン2015  島崎法人顧問(初代所長)の謝辞

このほかの活動記録はアルバムをご覧ください 
リンク先 あらくさの会 ラポールわらび 日本知的障害者福祉協会 父親の会フォルテ かわせみの会
 

吉田とき江記念碑建立へのご協力ありがとうございました
   吉田とき江さんの一周忌法要も終わり、皆様から心をお寄せいただいた結集として記念碑が完成いたしました。
 ”歩み入るものに安らぎを、去りゆく者に幸せを”とき江さんと一緒にべにしだの家の立ち上げに関わった時、この施設をそんな場所にしたいと話し合いました。この記念碑は山の中の小さなモニュメントですが、穏やかな”合掌童子”の顔にとき江さんのやさしい面影が重なって、ここに歩み寄る者に安らぎを与えてくれると思います。
 郡上の方面にお越しの機会がありましたらぜひお立ち寄りいただき、とき江さんが私共の記憶に残していった
”徳”にふれていただけたら幸いに存じます。ありがとうございました。

  
平成23年8月       
                          発起人代表
 島 崎 春 樹
 

ご覧いただきまして有難うございました。あなたは人目のお客様です

 メールアドレスは aswarabi@hm7.aitai.ne.jp です。

各団体で著作権を保持しているものについては、その著作権は当然各団体に帰属します。
  リンクフリーです。特に連絡はいりません。